薬物療法の質の向上

薬剤師求人のポイントの一つは、新卒で合格することです。

薬剤師国家試験は既卒者の合格率が新卒と比べて少し低いことです。

二つ目は、自分の大学の国家試験合格状況などの分析データをしっかり見ることです。

どの大学も国家試験対策を行っていますが、細かい内容は大学ごとに違います。

大学ごとに国家試験科目でも強いものと弱いものがあります。

普通に授業を受けるよりも、国家試験を意識するべきです。

また、低学年で履修した基礎系の科目も要注意です。

弱みをなくすことが国試必勝のコツです。薬剤師求人のポイントは簡単に言えば、薬物療法の質の向上です。

情報提供や安全管理はその中の一部であり、全部ではありません。

薬物療法の質の向上の為には、絶え間ない問題解決の繰り返しです。

なので医療の現場でも目の前の患者さんの訴えをよく聴いて客観的な情報と合わせて考え評価し、

目標を設定してそれの実現の為にプランニングして実行の繰り返しなのです。

そして何よりも薬剤師求人のポイントとなるのが企業がほしいと思っている人材をしっかり把握することです。

企業は薬剤師を募集するときに、こんな人材がほしいというイメージを持っています。

このイメージは企業が病院であるのか、薬局や薬店であるのかによって変わってきます。

病院では、薬剤師が顧客獲得に奔走することはありません。

しかし、薬剤に関しては病院のみでしか取り扱わない薬もあるのでより専門的な知識が必要です。

このように転職をする際は薬剤師求人のポイントをしっかり把握しておくことが大切です。